造幣博物館5 昔のお金2

2013.09.12 (Thu)

造幣博物館のつづきです。

450_20130830140127ebd.jpg 451_20130830140126d3b.jpg
     金錠(地金としてではなく、貨幣の目的からつくられたお金)

454_20130830140124dcc.jpg 455_2013083014012121b.jpg
    ( 甲州金 )          ( 武蔵墨書小判 )


    大判 ( 家臣への恩賞用、公家などの贈答用に鋳造された特別な貨幣)

458_201308301402157c6.jpg 
 慶長笹書大判

 慶長大判
  関ヶ原の戦いの恩賞に
  家康から手渡した
  ものと伝えられている。
 

459_201308301402157cf.jpg
 元禄大判
  最も完成された
  美しい大判





460_201308301402146d6.jpg 
 
 享保大判

 天保大判

 万延大判




440_20130830142124b6b.jpg  ( 江戸時代の貨幣制度)

 一両小判から丁銀・豆板銀に
 変えるときは秤量、大判は
 変動相場。天保銭40枚・・・etc


 


 

463_20130830140310b36.jpg 461_20130830140213d3b.jpg
   
465_2013083014030920b.jpg 466_20130830140309689.jpg
  寛永通宝( 江戸末期の慶応年間までの約240年間に各地の銭座で造られました)

467_2013083014030868e.jpg 大政官札
  わが国最初の全国
  通用の政府紙幣。







以上、本日2回目の更新でした。夕方の更新は、木曜日の夕ご飯です。
最後まで読んでくださって、ありがとうございました。


  FC2ブログランキング ( モブログ 今日のごはん )に参加中です。
 お手数ですが1日1回のクリックをお願いします。

         

   クリック応援  更新の励みになります






関連記事
13:00  |  外出 大阪市内
 | HOME |